トップ求人情報Eメールサイトマップ




ご存知ですか?夏バテに効く冷奴と薬味、その理由について。

   








夏バテに効く・冷奴

夏の食卓の定番「冷奴」
もう8月に入り猛暑が厳しくなるこの頃ですが、みなさん元気にしていますか? この暑い中、食欲がわかず、肉や魚などを避けてしまう傾向があります。いわゆる夏バテです。東洋医学では、体にはっきり異常が表れなない夏バテでも、体内バランスになんらかの乱れがある場合、それを広い意味で病気とみなします。暑いから食欲がわかない。しかし、体力を消耗する夏だからこそ栄養を取る必要がある。だけど、食欲がわかない理由としては。胃腸が弱っているからです。そこに、消化の悪い食物を食べればさらに胃腸が弱ります。そこで消化の良い食物を摂取する必要性があります。かといって毎日毎日お粥を食べていても栄養が摂取できません。そこで、消化の良い栄養の取れる食べ物となるわけです。→豆腐の登場です。夏にはやっぱり冷や奴ですよね。豆腐には良質なタンパク質,ビタミンB1が含まれており。また大変消化が良い為胃腸にも負担を掛けません。大地の肉と言われているほど栄養価は高いだけではなく。高血圧予防,老化防止,疲労回復,便秘予防の効果があります。冷や奴を食べる時に薬味を付けますが。この『薬味』という言葉自体が夏バテに効果を発揮します。薬味には名前のとおり、毒消しや薬のような効果があります。それが更に夏バテに効果が出ます。まずはねぎ,ねぎには発汗作用やからだを温かくする作用があります。さらにビタミンA,Cを豊富に含んでいる。次に生姜,およそ130種類の漢方薬の中でも夏バテに有効なのは生姜であり胃腸運動への作用,食欲増進,体を暖める作用があり自律神経を調整する役割があります。ねぎも生姜も体を暖める作用を持っていますが。現代のクーラー環境で起こる冷え性や肩こりなどに作用します。だから,夏には冷や奴!しかもねぎと生姜を薬味に添えて。このコンビで夏バテをのりきりましょう!

バナースペース


このサイトは株式会社間瀬が企画/運営・管理しています。
株式会社 間瀬
〒470-0102 愛知県日進市藤島町長塚75-846 TEL:0561-74-0533(代)FAX:0561-73-8138
MASE TOFU MACHINE co.,ltd, All rights reserved.